インドネシア総領事館で宝飾品バザール・ファッションショー

シンプルなものから洗練されたデザインのものまで様々な宝飾品が2018年5月19日、インドネシア総領事館が開催したバザールとファッションショーで披露された。バリ、ジョグジャカルタ、ジャカルタ、スラバヤといったインドネシア各地域から来日した9人の宝飾品デザイナーが紹介された。ミルザ・ヌルヒダヤット在大阪インドネシア総領事は開会にあたり、披露される宝飾品は厳選され、またインドネシア独自の価値観と現代デザインを融合したものであることを述べた。

 

官庁、関西領事団、関西の日本インドネシア友好協会、等の参加者は熱心にファッションショーに見入り、会場でのインドネシア郷土料理を満喫した。ショーの後、参加者は種々の宝飾品を購入した。売上金の一部は社会活動に寄付されることになる。