台風9号、四国から東北で大雨の恐れ

8/10/2009

 
気象庁によると、台風9号は10日午前11時現在、高知県沖を北上しており、10日夜から11日朝にかけ、四国から東北地方までの広い範囲で激しい雨となる見込み。

 局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降る恐れもあるとして、同庁では土砂災害などへの警戒を呼びかけている。

 台風9号は10日午前11時現在、室戸岬の南約350キロを時速15キロで北上。中心気圧は992ヘクト・パスカル、中心付近の最大風速は20メートル。

 台風に吹き込む南東の風などの影響で、南からの湿った空気が大量に送り込まれ、日本列島上空で積乱雲が発達しやすい状態になっている。特に西日本では、湿った空気が山間部にぶつかる形になり、大雨を降らせているという。

 四国では10日午前も猛烈な雨が降り、徳島県那賀町で午前6時51分までの1時間に観測史上最大の100・5ミリ、同7時までの24時間で638・5ミリを記録。関東地方の降水量は、栃木県日光市で10日午前3時半までの1時間で76ミリ、千葉県佐倉市では同9時までの1時間で65ミリとなり、いずれも観測史上最大を記録した。

 11日午前6時までの24時間雨量は、東海地方と四国地方の太平洋側で250ミリ、近畿南部、関東甲信、東北地方で200ミリと予想されている。気象庁では、一時雨が弱まったとしても、台風の接近に伴って急激に風雨が強まることがあるとして注意を呼びかけている。